M性感とチャトレの相違点

M性感とチャトレの違い

M性感という名前ではないけれど、同じ内容を展開しているお店が多いため、日本全国で見た場合、実質はヘルス系と同じぐらいのお店の数が存在するかもしれません。

 

風俗関係のお店は、ヘルス系のお店が最も多く、利用者も多いのが特徴ですね。

 

つまりM性感という内容を展開しているお店は、想像以上に多いという事。それゆえに、顧客獲得競争が激しいのも現実です。

 

チャットレディは地域を問わず利用する事が可能な為、日本中の顧客を相手にする事が可能です。

 

わざわざ、お店で働く必要がなく、予約等も一切必要ないという事。働く時間も一般の勤務形態とは異なるので、チャットレディの方が拘束感が少ないのは間違いないですね。

 

M性感は風俗なので、ある程度の予定を組む必要があります。気軽に働ける点は同じです。しかしドタキャンなどをすると当然解雇処分となりますよ。

 

M性感の場合は、必ず上位人気の女性に依頼が固まってしまいます。一方チャットレディの場合はあまり関係ありません。

 

チャットレディの場合も、人気女性ランキングというサービスを多くのサイトが提供しています。

 

しかし、人気があるほど複数のチャット者が多く、2ショットの申し込みが殺到して、順番待ちというケースも少なくありません。

 

こうなってくると、ほとんどの男性は他の女性を探します。 M性感の顔写真登録人数は20人程度のお店がほとんどです。チャットレディの場合は膨大な数の登録者、待機者がいます。

 

接客をしていない時間(待機時間)は、ほとんどのお店が無収入を強いる事が多いですが、チャットレディの場合は、お客が途切れる事があまりありません。

 

大手サイトだと、相手をしすぎて疲れる事もあるぐらい。 小規模サイトでも、待機保障を付けてくれるサイトも多く、無収入状態が続く事は、比較的少ないです。チャットレディは雇用という面では大きく優れていると言えるでしょう。

 

次に接客という点で見ていきましょう。 性的サービスを相手にする必要があるのかないのか、ですね。

 

M性感の場合は、最終的に相手を満足させる事(フィニッシュさせる)がメインになりますよね。

 

そのための技術もある程度必要になりますし、「好みの男性ではないから嫌だ」と断る事も出来ません。

 

チャットレディの場合、原則嫌な相手と無理にお話する必要は一切ありません。

 

知らない男性にサービスをするのが好き。 色んな男性とちょっとしたSMプレイで楽しみたい、という人にはM性感の方が向いていますね。

 

M性感で働こうかな?と思っている女性の多くが、男性を責めるという行為に魅力を感じている事が多いと思います。 それはチャットレディのお仕事でも可能ですよ。

 

プロフィールに自分がSである事を記入しておけば、それを目当てにしたお客さんが来てくれますし、嫌なお客さんは近寄りません。

 

働く環境も違えば、内容も違うM性感とチャットレディ。 これらの違いをよく考えて、選択をしてもらえると幸いです。

page top