キャバクラとチャトレの相違点

キャバクラとチャットレディの違い

キャバクラとチャットレディの違いは、とてもわかりやすいです。実際に相手と会うのか、会わないのか。簡単に言ってしまうとその点だけが大きく違います。

 

男性を惹きつける。長く自分との時間を取ってもらう。という仕事の本質がよく似ていると思います。しかし惹きつけ方はまったく異なりますね。

 

キャバクラの場合、まずは容姿が大切になります。最初の来店から、男性は好みの子を選択します。

 

チャットレディにも似たようなところがありますが、チャットレディの場合、プロフィール画面の趣味や、好きなジャンルで女の子を選択をする事が多いですね。

 

基本はチャットをする事がお仕事ですからね、かわいいだけではお客さんは付きませんよ。

 

キャバクラの場合、一日中お酒を飲む事になります。相手に勧められているのに、「もう限界です、飲めません。」では、お客さんも白けてしまいます。

 

さらにテーブルチェンジをした場合、そのお客さんにとっては、本日の初顔合わせになり、”今までどれくらいのお酒を飲んだ”等は知った事ではありません。

 

チャットレディでお酒を勧めらる事も極稀にありますが、原則飲む必要は一切ありませんね。

 

その時の気分に合わせて飲んでもいいし、めんどくさい時は「お酒まったく飲めないので、ご免なさい。」で大丈夫。

 

お酒が入ると男性は大胆になっていきます。それは女性もですが。キャバクラで一番の苦痛、ボディタッチのお時間がやってきます。

 

イケメンの男性に触られる分には、まぁそこまで嫌ではない時もありますが、基本、おじさんばっかりですからね。連日連夜で嫌気がさすのは当たり前です。

 

当然チャットレディでこれはないですね。むしろ”触れるものなら触ってみろ”という感じです。

 

違いの一つは勤務時間。キャバクラのお仕事で、「体調が悪いので帰っていいですか?」は可能ですが、査定にかなり響きます。

 

チャットレディのお仕事でも、チャット中の盛り上がっている会話の中でのログアウトは、後々の結果に響いてきますよ。

 

しかし”今日は夜23時までで絶対落ちる”、”やっぱり今日は休む”といった事が気軽に出来ます。

 

出勤を組む必要もないし、お客さんとの約束を、必ずしも守る必要はありません。約束は守るのがマナーではありますが、メールで気軽にお断りできます。

 

キャバクラの場合は出勤日程を組まれ、お客さんに来てもらい続ける事がメインの収益に繋がるので、無理をしてでも出勤をする必要がある時も。

 

チャットレディの最大の売りは、”気軽で手軽”です。

 

ただし、個人でもらうチップがキャバクラには存在し、一回で100万、200万、マンションや車といった巨額の報酬を得られるチャンスもありますね。この点は大変大きいです。

 

チャットレディでは、せいぜい2ショットチャットを多く利用してもらうぐらい・・。

 

どちらもメリットデメリットは存在するのは当たり前。どちらが自分に向いているのか、何が許せて何が許せないのかを、個人で比較してみるのもおもしろいかと思います。

page top