チャットレディの仕事解説

チャットレディの仕事は副業からのスタートがベスト

チャットレディの仕事は自宅で行う事も、通勤制で行う事も出来ます。仕事内容は男性会員と楽しくおしゃべりする事です。

 

メール中心の生活をしていると、リアルタイムのおしゃべりは男女とも良い刺激になるものです。

 

男性は会社でのストレスを忘れ、女性は男性を満足させることで対価を報酬という形で受け取るシステムです。

 

チャットレディの仕事の特徴は

  1. ノルマが無い
  2. 報酬が高い
  3. プライバシーに配慮してくれる
  4. 熟女系などは70代も活躍できる
  5. 場所の制約をあまり受けない
  6. 辞める事も簡単

などです。チャットレディの募集を行っている会社の条件は、ほぼ同じです。ただアダルト、ノンアダルトで条件が異なる事もあります。

 

営業の仕事は歩合制でノルマがあるのが普通です。無くても営業成績が上がらなければ無言のプレッシャーを受けて会社に居づらくなって退社に追い込まれる事も少なくありません。

ライブでゴーゴーが2004年のサイト開設から2020年1月までに、出演したチャットレディに支払った金額の合計は、99億9875万円とのことです。100億円超えも近いです。

ライブでゴーゴーはチャットレディ2名体制で配信するDSチャットも登場して、チャットレディがより長くチャットが出来るように工夫しています。

一方チャットレディではそのような事はなく、好きな時間にライブチャットのサイトにアクセスして、サクッと効率よくお金を稼げるのが魅力です。

 

報酬が高いのは、事務所などの経費が少ないことも関係しているはずです。

 

もちろん通勤制のライブチャット会社は作業スペースを自宅以外に確保してくれていますが、通勤専用のライブチャットは聞いたことがありません。

 

通勤制と在宅を選択出来るライブチャットの報酬は分給換算でも20円ほど通勤制が安くなっているのは、経費が多くかかっているからでしょう。

 

女性が自宅でライブチャットを行えるという事は、会社側は家賃や建物を維持管理する経費がかからないのです。

 

その分、チャットレディには手厚い報酬を支払う事ができているのではないでしょうか。

 

音声や映像のデータのやり取りはもちろん、応募もネット上で行う事ができます。商品をお客さんに配達する必要が無いため、経費を抑えられます。

 

チャットレディの仕事は年齢制限も緩く、熟女向けチャットレディの応募資格は70代までOKとなっている事も珍しくはありません。

 

多くの女性に門戸が開かれているので始める事は簡単に出来る一方、向上心がなければ、なかなか続けるのは大変です。

 

万が一辞めたくなっても、簡単に辞めることが出来る会社がほとんどです。「よくある質問」などで退会方法などをチェックしておくと安心です。

 

人間が生活している形態を狩猟社会と農耕社会と分類することが出来ます。

 

狩猟社会とは、野生の動植物を捕らえて生活を営む事と言い換えることが出来ます。

 

一方農耕社会とは農業での食料調達がメインの社会となります。

 

日本人は大昔は狩猟社会でしたが、農耕社会になってから今日の安定が続いているとも考えられます。

 

現在は、農業を行っている一次産業の方のおかげで自分の家で農作物を作っていなくてもスーパーなどで購入する事ができる便利な世の中です。

 

ただ、物流が止まってしまったり、農作物が天候不順などの影響で値上がりしてしまったら、影響を受けてしまいます。

 

そのような時に自宅に家庭菜園があると不安が解消されるのではないでしょうか。

 

ただ、アパートやマンションでは家庭菜園を行う事は難しく、虫が苦手だと続けるのは難しいものです。

 

自宅で農業が出来ないなら、その代替として、自宅で出来る仕事があると安心です。自宅と目的地のルートは車、電車、飛行機など様々なものが利用可能です。

 

複数の手段があることでお互いの競争が生まれ、利用者は満足いくサービスを受けることが出来ます。

 

一つの交通手段がストップしても、他のルートに振り替えが効くので混乱は最小限で収まります。

 

収入も同じ事。会社からの収入のみに頼っていたら、万が一会社が無くなってしまったら大変です。そのような時、何らかの収入を自宅で確保できると心が落ち着くものです。

 

そのための第一歩がチャットレディの仕事など自宅で出来る仕事です。

 

昔は自宅の仕事と言えば機械部品の組み立てなど内職と呼ばれるものが一般的でした。

 

現在はネット、パソコンの二大ツールがあるので時間や場所の制約を受けずにサテライトオフィス感覚で高い収入を得る事も可能です。

 

パソコンとWebカメラを使用して、チャットレディの仕事をしているなら、Webカメラ覗き見防止機能が付いているセキュリティソフトは不可欠です。

 

カメラ自体をマスキングする方法もありますが、普段使用する方にとっては、貼ったりはがしたりは面倒なはず。

 

ESETセキュリティソフトなど、高い性能のセキュリティソフトにはWebカメラ覗き見防止機能が付いているものも存在しているので安心です。

 

残念ながら、本業には向きませんが、副業としてスタートし、コツをつかんだら本業をチャットレディ、副業を他のアルバイトに切り替える事も十分可能です。

在宅ワークのメリットとデメリット

家に居ながらにしてお金が稼げるといっても、企業に属しているか属していないかで大きく異なります。

 

企業に属して会社で行っていた業務をテレワークとして自宅で行うなら、安定感も安心感も高いのが特長です。

 

一方、自営業や個人事業主として、在宅ワークを一から始めるのはとても大変です。

 

ここからは、個人の方が在宅ワークを始める際のメリットとデメリットを解説していきます。

通勤がないので使える時間が増えるのが大きなメリット

在宅ワークのメリットとしては次のようなものがあります。

  • 通勤時間がないので自由な時間が増える
  • 人間関係に悩まされることがなくなる
  • 本業が別にあるならダブルインカムになる

通勤が好きな方はほとんどいないのではないでしょうか。特に郊外から都心に通う電車では混雑が激しいです。

 

満員電車が苦手だから在宅ワークを始めようと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

在宅ワークなら、通勤は基本的にないので、その浮いた時間で好きなことに打ち込めます。例えば睡眠時間を多めにとっても良いですし、趣味の時間にするのも良いでしょう。

 

人間関係の悩みも在宅ワークならほとんどありません。反対に人間関係が恋しくなってしまう可能性さえあるほどです。

収入が安定するまでかのりの時間がかかるのが大きなデメリット

バラ色に思える在宅ワークにも、もちろんデメリットは存在します。主なものは次の通り。

  • 1円でも稼げるようになるまで時間がかかる
  • 運動不足になる可能性が高い
  • 孤立してしまう可能性がある

在宅ワークを一から個人でやり始めるとなると、1000円を稼げるようになるのもとても大変です。下手をしたら10円どころか1円も稼げないまま、時間だけが過ぎ去ってしまうことも珍しくありません。

 

反対に1000円を個人の力で稼げるようになった方は、在宅ワークが順調だといえます。もちろん、短期間で1000円の壁を突破している人ほどその傾向は強いです。

 

在宅ワークはどうしてもデスクワークが中心になるものです。通勤に伴う運動がなくなり、ずっと家にいると気になるのが運動不足です。

 

自宅に一日中いるとついつい食べ過ぎてしまうなら、肥満になる可能性があります。通勤時間がなくなり浮いた時間で、近所を散歩したり、ある程度お金が稼げるようになったら、ジムに通ったりするのも良いかもしれません。

 

人間関係に悩まされない在宅ワークですが、反対に誰とも話さずに一日が終わってしまうかもしれません。

 

特に一人で住んでいる方なら、外出せずに在宅ワークを行っていると、話す能力が衰えてしまうことも考えられます。

 

そうならないためには、コミュニティーサイトなどで積極的に仲間や異性の友人を見つけいくと良いかもしれません。

page top