ソープランドとチャトレ報酬の違い

報酬の違い

ソープランドは儲かる。そう思っている方も多いでしょう。実際に儲かります。

 

お店によって、収入見込みはかなり違ってきますが、月のお給料は100万円を超える人も少なくありません。

 

ソープランドを利用する男性は、高額の支払が必要になってきますが、総支払額の内3割から半分がソープ嬢の収入になります。

 

利用するサービスによって収入はまったく変わってくる事もありますので、一般的な利用料金から逆算して算出してみましょう。

 

まず入浴料。これはほとんどのお店で取られますが、最近では”終始無料”といったサービスを展開しているお店が増えていますね。

 

入浴料はお店の利用料金になるため、ソープ嬢に支払われる事はありません。 無料の場合は、ソープ嬢の他の収入から徴収される事がほとんどです。

 

次にサービス料。 これがソープランドのメイン収益になります。 サービス料の支払は受付ではなく、ソープ嬢へ支払い、その内定められた金額をソープ嬢からお店に納める必要がありますね。

 

お店によってまったく金額は異なりますが、2万円から6万円ぐらいが相場。 その内、3割から半分がソープ嬢の取り分です。

 

そして指名料。 ソープランド最大の特徴の一つが、客が取れないと居づらくなるという事です。この指名を稼ぐために、日々精進する事が大切になり、指名料金はソープ嬢の収入となる事が多いですね。

 

指名料金もお店ごとに千差万別で2000円から10000円以上というケースもありますよ。

 

逆に、指名なしで来店したお客さんには、お店からソープ嬢へ紹介したという事で、サービス料金から割当手数料を徴収される場合もあるようです。

 

延長料金。 一般的にソープランドの利用時間は60分から120分のセットにしてあります。

 

時間を延長する場合は、セット分延長するので、その分の料金も徴収できる事に。

 

これら一般料金の他にも、各店により有料で生フェラサービス等を実施している場合があります。

 

実際に上記の金額を例に、ソープ嬢の月のお給料を計算してみましょう。

 

まず料金は一本の料金が2万円として、一日6時間の勤務、毎回指名料2000円を獲得した場合。

 

サービス料の半分を手取りに出来たとして、1万円×6本で6万円。 それと、指名料6本分で12,000円。 一日の稼ぎは72,000円ですね。

 

これを月に20日勤務したとして、1,440,000円になります。すごいですね。 実際には、手取りが3割だったり、空き時間が多かったりするのが現状ですが、調子が良く、運のいい時はこれぐらい稼げるという事ですね。

 

具体的参考になるのかと言われると、正直かなり微妙ですが、一つの例にはなるかと思います。

 

チャットレディのお仕事で150万円以上稼ぐのは、アダルトチャットでないと現実的ではないですね。

 

アダルトチャットの配信のみで100万円以上稼いでいる人はたくさんいますが、継続してそれだけ稼ぐのは至難です。

 

結論から言うと、どちらもそれだけ稼ぐには、それ相応の努力と運がいるという事に。ちなみにノーマルチャットで月50万円程度稼ぐのはまったく難しくありません。 むしろ、それぐらい稼いでいる人がほとんどですね。

 

毎月大金が必要だ、という人には断然ソープがお勧めです。単純に高収入を目指している人には、まったり出来るチャットレディのお仕事がお勧めですよ。

page top