風俗エステとチャトレの相違点

風俗エステとチャトレの違い

風俗エステとチャットレディの大きな違いは、まず会話ですね。

 

エステの場合、”ずっと喋っている”という事はあまりありません。性的サービスをメインにしているお店では、サービストークが必要な場合もありますが、ほとんどの風俗エステは、マッサージがメインです。

 

エステは力仕事なので、肉体的にもかなりきついですね。男性は女性からマッサージを受けると、欲情してしまう事がよくあるそうです。

 

それを利用した手コキサービスになるので、マッサージの臨場感を演出するのも立派なお仕事内容の一つ。

 

エステは男性を基本”手だけで満足させる”必要があるので、かなりの修練が必要になりますね。働く前に研修があるのですが、お店のスタッフを相手に、ひたすら練習をする必要があります。

 

あくまで手コキがメインになるのですが、通常のマッサージ、リラクゼーション知識なども必要となり、お仕事として覚える事はたくさんありますね。

 

一般のエステで働いていた女性が、風俗エステの方が”お給料がいいので移動する”といったケースも少なくありません。

 

お店の雰囲気や、名称も一般のエステと変わらない場合も多いので、利用者、労働者共にきがねなく利用できる点が最大の売りとされています。

 

チャットレディのお仕事をする場合、これらのエステテクニックは一切必要ありません。お仕事に慣れるまで、うまく稼げない事も多々あると思いますが、それはどのお仕事でも一緒ですね。

 

チャットレディの場合は”会話をして初めてお給料が発生する”ので、会話が苦手な方にとっては、この点が大きなネックかと思います。

 

風俗エステで働いている人は、割りと無口な人も多いですからね。利用している人にとっては、”事務的な感じがいい”という意見も多いようです。

 

以上のことから会話が苦手、相手に合わせるのが嫌だ、という人には風俗エステの方がいいのかもしれませんね。

 

会話が苦手でも一応チャットレディのお仕事ができる場合もあるので、参考にして頂けたらと思います。

 

例えばマイクを使ったチャットレディ。これならあまり喋らなくても、男性が一方的に喋っている事がかなり多いです。聞き上手な人だと、これだけでも稼げますからね。

 

次にアダルトチャットの配信。これは”自宅での通常生活を配信”する事で収入が得られます。

 

お着替えをしたりといった内容も必要になってきますが、お仕事内容的には非常に簡単ですね。知らない男性にサービスをする必要も一切ありません。

 

自宅にいながら、気軽に出来る点も大変大きいですしね。風俗エステで働いている人の多くが、体力的な疲労、年齢的な衰えを気にして、辞めていく事が非常に多いです。

 

辞めてから、チャットレディのお仕事をされている方も多く、最初は副収入として始めてみるのもお勧めですよ。チャットレディのお仕事に、あまり年齢は関係ありませんからね。

page top