ストリーミングとダウンロードの2通りで再生

アダルト動画はストリーミングとダウンロードの2通りで再生

アダルト動画配信サイトで購入した動画は、ストリーミング再生とダウンロード再生の2通りの方法で視聴できるサイトが多いです。

 

ストリーミング再生は、大手動画配信サイトや音楽配信サイトでも採用されている視聴方法なので、アダルトサイトでもストリーミング再生を利用している方が多いのではないでしょうか。

 

ストリーミング再生だけで問題なさそうに思えるのに、なぜアダルト動画配信サイトだと、わざわざダウンロード再生の手段を用意してくれているのでしょうか。

 

理由はストリーミング再生のデメリットを補うのがダウンロード再生だからだと考えています。

 

それではストリーミング再生とダウンロード再生のそれぞれのメリットとデメリットをピックアップして解説していきましょう。

すぐに再生が始まるストリーミング再生はインターネットとの相性抜群

ストリーミング再生のメリットは、仕組み上すぐに再生が始まることです。ストリーミング再生は、必要な動画ファイルを一時的にパソコンやスマホにダウンロードしながら、同時に再生を行うので、ほんの少し待つだけで大丈夫なのです。

 

ストリーミング再生は家電製品だと、コンセントに繋がった状態ですぐに暖まる暖房機に近いイメージです。

 

ストリーミング再生なら、パソコンやスマホに長期間保存することがないので、残りの容量を気にすることなく動画の視聴を行えます。

ストリーミング再生はオフラインでは視聴できない

ネットに繋がった状態で力を発揮するのがストリーミング再生なので、オフライン環境では残念ながらストリーミング再生ができません。

 

ネットに繋がっているといっても、低速回線など通信環境が整っていないのなら、スムーズに動画の再生ができないので、かえってストレスになってしまうかもしれません。

 

また、使用量に応じて請求金額が変わっていくモバイル通信では、ストリーミング再生を多用していると、すぐに上限容量に到達してしまい、通信制限を受けて低速通信に切り替わってしまう可能性もあるのです。

 

ストリーミング再生を快適に行うのであれば、光回線など定額使い放題のプランに加入できるプロバイダーと契約するなど工夫が必要です。

ネットに繋がっていなくても視聴できるダウンロード再生

ダウンロード再生は一度パソコンやスマホ、外部ストレージなどに動画ファイルを取り込んでしまえば、あとはネットに繋がっていても、繋がっていなくても、再生には影響ないのが特徴です。

 

ネットに繋がっていなくても動画の再生が出来るということは、使用量によって料金が切り替わるモバイル通信環境でも、データの通信量を気にせずに動画を楽しむことができるのです。

 

ダウンロード再生を家電製品に例えると、コードレス掃除機に似ています。

 

どこでも好きな場所で動画の再生が出来るので、使い方によってはストリーミング再生よりも優れています。

ダウンロード再生はパソコンやスマホの容量を消費してしまう

ダウンロード再生が普段あまり使われていないのは、ダウンロードに時間と手間がかかることが考えられます。同時にパソコンやスマホに動画ファイルを移動させるので、容量も食われてしまうので注意が必要です。

 

容量を気にせずにドンドン動画ファイルをダウンロードするのなら、大容量の外部ストレージは不可欠です。

 

パソコンなら気にならないかもしれませんが、スマホなら大容量で転送速度が速いmicroSDカードを利用すると、スマホ本体の容量が少なくても大丈夫です。

 

一度ストリーミング再生の快適さを味わってしまうと、なかなかダウンロード再生を行えないのは納得できます。それでもアダルト動画配信サイトの多くはダウンロード再生も行えるようになっています。

 

理由としては、1系統だけだとそこがダメになってしまったら、動画の再生手段時代がなくなってしまうからです。2系統用意しておけば、万が一片方がダメになってしまっても、もう片方で再生が出来るので利用者の不満を解消できるのです。

 

電車や自動車などの移動手段を考えてみると分かりやすいかもしれません。

 

どこかの経路が寸断されてしまっても、電車なら振替輸送、自動車なら迂回路を利用すれば、目的地に移動できるように、動画の再生においても複数の手段が用意しておくことは、利用者からするとありがたいことと言えます。

ストリーミング再生とダウンロード再生に対応している動画配信サイト

それではアダルト動画配信サイトがストリーミング再生とダウンロード再生に対応しているのかを確認してみましょう。サイトによっては専門の再生プレーヤにダウンロード機能を内蔵しているものもあるのです。

FANZAにはダウンロード再生プレーヤが用意されている

FANZAで購入した動画はストリーミング再生とダウンロード再生に対応しています。作品を購入したあとに購入済商品一覧ページで見たい商品を選び、詳細情報のページを開くとストリーミング再生とダウンロード再生のどちらも選べるようになっています。

 

ダウンロード再生では、DMM Player v2という名前の再生プレーヤも用意されています。

 

FANZAにはダウンロード視聴可能なDMM Player v2が用意されています。DMM Player v2はチャプター機能や繰り返し機能があるほか、再生コントロールや全画面による再生も簡単に行えるようにボタンが用意されています。

 

複数ウィンドウでの同時再生も可能なので、時間を節約したい方や同時に複数の作品を見たい方にはピッタリです。

DUGA Playerが使えるDUGA

総合アダルト動画配信サイトのDUGAにもストリーミングプレイヤーとダウンロード再生を目的にしているDUGA Playerが用意されています。

 

サンプル動画に関してはストリーミング再生となっていますが、購入した動画に関しては、ストリーミング再生とダウンロード再生の2通りの手段が用意されています。

 

なぜストリーミングプレイヤーがあるにも関わらず、ダウンロード再生が必要なのかは、よくある質問コーナー(https://duga.jp/help/faqpage/176/)でも掲載されている通り、配信終了作品をこれまでどおり見る手段を確保するためと書かれています。

 

DUGA Playerの機能は豊富で購入した動画ファイルをダウンロードできるのはもちろん、お気に入りのシーンを登録できるREC機能などが内蔵されています。
CHAPTER機能を活用すれば、動画にお気に入りポイントをつけて、そのポイントから頭出し再生することも可能になります。

今すぐ再生で有名なXCITY

XCITYは月額見放題で9万本近くの動画を楽しめるお得なアダルト動画配信サイトです。無料サンプル動画ではストリーミング再生が行われています。

 

XCITYで購入した動画を再生する方法はストリーミング再生とダウンロード再生の二つが用意されています。

 

XCITYではストリーミング再生を「今すぐ再生」というネーミングにしているので、よりストリーミング再生を身近に感じられることでしょう。

 

今すぐ再生なら2倍速での早送りや1/4倍速でのスロー再生なども自由自在なので、見たいシーンはスローで、飛ばしたいシーンは早送りで再生すれば、時間を有効に活用できます。

 

XCITYのダウンロード再生では、XPlayerを使います。XPlayerはXCITYのサイトから手軽に無料ダウンロードできます。

 

XPlayerをダウンロードしたら、購入した作品の保存も簡単にできます。

 

XPlayerなら再生や一時停止、30秒の早送りも行えるので、ストレスなくXCITYで購入した動画の再生を行えます。

ABV

キャットファイト動画やM男動画の商品ラインナップがABVではダウンロード再生がメインのようです。

 

購入した作品は、マイページの購入作品一覧から、簡単にダウンロードできます。

 

ただし保護つきコンテンツに関しては、ダウンロード再生ではなく、マイページの各作品に用意されている再生ボタンを押せば再生が始まる仕組みです。

B10F

マニア向け動画が豊富なB10Fもダウンロード再生とストリーミング再生の二本立てとなっています。

 

B10Fで動画を購入するとマイページにダウンロードページへのリンクが追加されるので、パソコンやスマホに保存したあと、WMVプレーヤのフォルダアイコンをクリックまたはタップしてダウンロードしたファイルを選ぶと再生がスタートします。

 

WMVプレーヤの下に表示されているのがストリーミングプレイヤーになります。画像の中心にある再生ボタンを押すとストリーミング再生が始まります。

 

今まであまり利用したことがないアダルト動画配信サイトに関してもチェックしてみましたが、どのサイトもストリーミング再生とダウンロード再生の2通りの再生手段を用意していることがわかりました。

 

ストリーミング再生に慣れてしまうと、ついついダウンロード再生の重要性を見失ってしまうかもしれません。

 

アダルト動画はメーカー都合による突然の配信終了も起こりえるので、ダウンロード再生はいざという時に光を放つともいえます。

 

普段はストリーミング再生でアダルト動画を楽しんでいる方も、いざという時に備えてダウンロードによる再生にも慣れておくと安心です。

page top