チェットレディの仕事が美味しい理由

チェットレディの仕事は美味しいのは利益の高さ

本業でチャットレディをしている方なら、所得が一定額以上になるので、確定申告を行っているはず。

 

所得とはチャット収入から経費を差し引いて、求めることができます。

 

「所得=収入-経費」の簡単な数式を眺めていると、所得を増やすにはいかに収入を多くあげて、経費をしっかり計上していくことが大切です。

 

収入=所得なら話は簡単ですが、収入を得るためにはチャットレディならパソコンを買い揃えたり、インターネット環境を整備したりしていることでしょう。

 

「これがなければ、収入が発生しない支出」は堂々と経費として計上することができます。

 

反対に売り上げとは直接関係ない支出に関しては、経費として計上することはできません。

 

自宅を仕事場にしているチャットレディの方なら、使用割合に応じて家賃も経費に計上することが可能です。

 

ですが、チャットレディの経費は意外に少ないと感じられるのではないでしょうか。

 

経費があまり計上できなかったら、所得と収入がほとんど同じになってしまいます。

 

実はこのこと自体がチャットレディの仕事が美味しい事を物語っています。

 

大企業でさえ、赤字を出す事があります。

 

例えば売り上げが100万円あったとしても、広告宣伝費や人件費などに150万円かかってしまったら、50万円の赤字になってしまいます。

 

スーパーマーケットなら、せっかく市場で仕入れた新鮮な野菜も売れなくては、ムダになってしまいます。

 

一方、チャットレディの仕事は、鮮度などはモノを仕入れるわけではないので関係ありません。

 

在庫を持たなくても良いので、在庫一掃セールを行う必要もありません。

 

スーパーマーケットなら、閉店間際になっても、生鮮食品が売れ残ってしまったら、利益を度外視してでも安売りをして、在庫を翌日に残さないようにしなくてはならないのです。

 

安売りでは原価を下回る金額でしか販売できないかもしれません。この安売りが赤字を計上する元になってしまうのです。

 

一つ一つの商品には必ず原価があり、少なくとも原価よりも高い金額で販売できなければ、安定して会社やお店を営業し続けることはむずかしくなってしまうのです。

 

赤字になると、上場している企業は配当する余力がなくなってしまいますし、ボーナスなども出なくなってしまうかもしれません。

 

そうなってくると、収支が黒字でないとさまざまな面で問題が噴出してしまうのがおわかりでしょう。

 

チャットレディでは赤字は考えられません。経費が少ないだけでなく、売り上げ自体も多いことが原因に考えられます。

 

売り上げが多いだけなら、大手企業とも共通ですが、経費が少ないことは、大手企業以上かもしれません。

 

誰でも知っている大企業が赤字になってしまう時に、チャットの仕事で黒字を計上できるとなんだか、自分の事を褒めてしまいたくなります。

 

経費が少ないということは、思うように売り上げが発生しない時でも余裕を持てるものなのです。

 

これが高いテナント料が発生する一室でチャットの仕事を行うとなると、余裕をもって男性との会話をすることが出来なくなってしまいます。

 

男性会員はチャットレディの表情などから余裕の有るなしを簡単に見極めるものです。

 

余裕がないなら、「なんだお金儲けのためにガツガツ働いているのか」と足元を見られてしまい、リピートも期待できません。

 

しかし、自宅が住居兼職場なら、余裕をもちながらチャットの仕事を行えるはずです。

 

チャットレディの確定申告は、それほど難しくないので、自力で行えます。どうしてもやり方が分からないなら、税理士に確定申告を依頼するのも一つの方法です。

 

税理士に確定申告などを依頼すると、確かに依頼料金はかかりますが、その分自由な時間は増えるので趣味や旅行などに大切な時間を振り向けることもできます。

page top