長期的視点と短期的視点

長期的な視点は安定的収入確保に不可欠

世の中結果がすぐに出ない事も多いです。これは仕事に限りません。

 

野菜は種を蒔いて収穫するまで時間がかかります。キャベツなら種まきから収穫まで4ヶ月前後かかります。

 

桃栗三年柿八年と言われるように新しい事を始めてから、それが仕事として収入をもたらしてくれる迄には時間のズレがあるのが自然界でも常識です。

 

種を蒔いてすぐに食べられるようになるのはもやしなどがあります。しかし継続的な収入と言う面ではもやしのようなビジネススタイルでは文字通り頼りにならないです。

 

出来れば柿の木のようにある程度育ったら、あまり手入れをせずに収穫を得ることが出来れば心身とも安心出来ます。

 

人が不安になるのは明日の生活が心配な時です。具体的には仕事がなくなって食べるものが手に入らなくなることなどです。

 

そのためには幹の太いしっかりとした樹木のような存在があると心強いでしょう。

 

仕事で勉強を始めてから高収入を得るまで時間がかかるものとしてはお医者さんや弁護士の仕事が思い浮かびます。

 

お医者さんの場合大学で6年間、研修で5年前後かかるのが普通です。

 

弁護士の場合も難しい司法試験に合格して実際に活躍できるにはかなりの年月がかかります。医者も弁護士も一人前になるには多くの時間とお金がかかります。

 

それでもなる方が多いのはそれに見合うだけの社会的地位と高収入があるからではないでしょうか。

 

これらに対して誰でも出来るスキルがいらない仕事も存在します。

 

お金に困ったときなど手っ取り早く現金を手に入れるには確かになくてはならない収入確保の手段の一つです。

 

しかしお給料は少なく、スキルが要求されないので収入アップの道すじを描く事ができません。

 

短期間で収入につながる仕事ばかりしていては年齢などで処理能力が落ちてしまった場合にはその仕事さえ失う事に繋がります。

 

短期的な仕事に従事しながら、長期的視点で収入の柱を少しずつ築いていくのが理想です。