国内の動画購入ならビットキャッシュが便利

電子マネーのビットキャッシュはアダルト動画決済以外にも使いみちが豊富

マニアに人気のアキバブロードバンドビジョン(ABV)や、総合アダルト動画のDUGAの作品を購入することが出来るビットキャッシュ。

 

仮想通貨のビットコインは名前が似ているので、同じものと認識している方もいらっしゃるかもしれませんが、全く別のものです。

  • 電子マネーのビットキャッシュ
  • 仮想通貨のビットコイン

ビットキャッシュは電子マネー、ビットコインは仮想通貨と言われているものです。

 

VR動画
総合エンタメサイトのDMM.comはDMMポイントのチャージにビットコインとビットキャッシュの両方が使えます。

電子マネーと仮想通貨の違い

ビットキャッシュは電子マネーの一種なので、電子マネーの方から解説していきます。

 

仮想通貨はそもそも発行元が無い

スーパーや鉄道で使える電子マネーはキャッシュレスで買い物が出来るので便利です。鉄道系の電子マネーも電車に乗る以外にも買い物に使えます。

 

電子マネーには必ず発行している会社や組織があります。電子マネーのカードをお持ちの方は裏面をご覧いただくと「発行元」に企業名が書いてあるはずです。

 

一方、仮想通貨は発行元が存在しません。発行などはプログラムによって管理されている分散型のシステムで運用されています。

 

電子マネーが中央集権的なのと対照的です。

 

電子マネーは換金が出来ない

電子マネーのカードの裏面や利用規約には必ず「換金出来ない」と書いてあるはず。チャージで入金は出来るけれど、出金は出来ません。

 

仮想通貨は、日本円だけでなく、世界各地の法定通貨との両替が可能なのが大きな違いです。

 

仮想通貨は価格が変動する

電子マネーは3000円分チャージして使わなかったら、価値が増える事も減ることもありません。

 

仮想通貨は株や為替のように日々価格が変動します。1ビットコイン(BTC)20万円で手に入れたものが、しばらく経って調べてみたら、100万円になっている事も考えられます。

 

実際に、ビットコインは2017年初めには10万円前後だった価格が2017年の12月には200万円を超えていた時期がありました。

 

もちろん、価格は上昇することも下落することもあるので、高い値段の時に購入し、安い値段の時に売却してしまうと、損が発生してしまいます。

 

一方、この価格変動を利用して、仮想通貨で大金を手にした人も存在します。1億円以上の資産を築いた人は「億り人」、10億円以上の資産を築いた人は「自由億」と言われて、SNSなどでは実際に仮想通貨長者が喜びの声をアップしています。

アダルト動画購入にはビットキャッシュがおすすめ

アダルト動画を配信しているDMMではポイントのチャージに仮想通貨のビットコインが使えますが、あまりアダルト動画サイトの決済方法で採用されているという話は聞きません。

 

DUGAやABVでいつビットコインが使えるようになるのかは少し気になります。

 

2018年現在では、ビックカメラで1会計につき30万円まで利用できますが、あまり使えるお店はありません。

 

ビットコインを含め、仮想通貨はブロックチェーン技術で、取引履歴がしっかり残るのでえ、アダルト動画の決済でビットコインを使えるようになったとしても、勇気が必要かもしれません。

 

ビットキャッシュなら、コンビニで購入する際に本人確認書類を提出する必要がありませんし、使う時にはIDと暗証番号を兼ね備えた「ひらがなID」といわれる16文字のひらがなの組み合わせを決済画面に入力するだけでOKです。

page top